HOME>イチオシ情報>展示会でbgmを使用する際には著作権に注意したい

展示会のブースの施工をお願いするメリット

展示会施工の現場に合わせたデザイン提案があったり、設置の段取りがスムースであるため余計な手間をかけることがありません。

展示会の際のBGMは著作権に気を付けて!

無断で音楽を使用しないこと

市販されているCDや音源を使ってbgmを流さない。

フリー素材を使用しよう

フリーbgm素材の利用規約に従って利用しましょう。

商用音楽を使っても良い

著作権をクリアしている有料の音楽をbgmとして使うと良い。

著作権侵害を回避しよう

JASRACからライセンス申請をして許諾を受けます。

BGMは効果的であるが注意

有効であるが著作権の重要性を認識しましょう。

権利関係がしっかりしている所を選ぼう

展示場

自社の提供するモノやサービスを知ってもらうために欠かせないのが、展示会への出展です。展示会施工の際には色々な集客アップのための取り組みが必要ですが、ブースで流すbgmを考える必要もあります。ただ、その際には一般の市販のCDの音源等をそのまま流すのは著作権違反になってしまいます。中には、展示会施工業者にもその点を把握しておらず、間違ったアドバイスをされる場合もあるので、各所の評価や体験談等を聞き、著作権関係に関してのきちんとした知識を持っている業者を選ぶ必要があります。

業者の総合的な実力を見よう

展示会場

著作権等の知識がある展示会施工業者は、ブースで流すための著作権フリーのbgmを制作あるいは所有している事がほとんどです。そのような物を持っていなくても、きちんとした業者であれば公式サイトに、展示会でbgmを流す際の注意点等を紹介してくれています。さらに、その業者オリジナルの著作権フリーCDの販売をしていたり、別の著作権フリーCD販売サイトのリンクを貼ったりしてくれている所も多いです。それに加えて、bgmを流す際にどれだけの追加料金等がかかるかも明記してくれているのが、典型的な良い展示会施工業者になります。特に、その業者でbgmの制作も行っている場合には、bgmの料金が安価な傾向にもあるので、その点も業者選びの際に確認しておくと良いでしょう。