youtubeで動画を投稿する際にはBGMに気を付けよう

youtubeに動画を投稿する際には削除されないように、著作権侵害に注意する必要があります。

著作権が問題になる場合とならない場合

利用許諾を得ているか否か

権利者の著作物(BGMなど)を二次利用する場合には、ライセンスされている条件を確認し利用許諾を受けることで、著作権侵害の問題を回避できます。また決められた利用方法を遵守し、もし投稿サイトや権利者から警告を受けた場合は真摯に対応することが大切です。

利用規約に反しているか否か

一般に流通しているフリー素材であれば問題ないと考えがちですが、コンテンツをアップするサイトの利用規約に反している場合には警告や削除などの措置を受けるケースがありますので注意してください。著作権者のクレジットの表記やコンテンツアップの可否などを確認しておきましょう。

問題のないものを使おう

再生マーク

youtubeという巨大な動画共有サイトは、個人が趣味で利用するだけではなく、ビジネスでの利用にも広がりをみせています。たくさんの会社が、商品のピーアールや人材獲得のためのプロモーションにyoutubeを使っています。もしも、自身の会社もその流れに乗りたいのなら、動画のbgmは著作権を気にしなくてもよいものを使いましょう。ネット上でフリーで配布されているもの使ったり作曲家に作ってもらったりすれば、誰でも問題のないものを使えます。

フリーの曲より作ってもらうほうが安心

フィルム

フリーで公開されているbgmを使うのなら、メジャーだと思われる曲は避けるようにしましょう。メジャーな曲は誰かが使っているので、ほかにアップロードされた動画と被ってしまうことがあるからです。もしも、著作権と被ることを気にせずに、youtubeに動画をアップロードしたいのなら、やはり作ってもらうのが一番の解決策です。作曲家が盗作さえしなければ、この世に一つしかないbgmを作ってくれるため、誰にも遠慮せずにアップロードできます。

炎上を避けられる

再生マーク

誰にもばれないだろうと思い、著作権に問題があるbgmを動画に使って、youtubeにアップロードしようと考えているかもしれません。その場合、ばれてしまうと炎上騒ぎになって、会社のイメージはガタ落ちだということを知っておきましょう。内容をきちんとアピールしたいのなら、炎上の可能性があるbgmは使うことは絶対にやめたほうがよいです。その手間や費用をケチったせいで、たくさんの会社が評判を落としてきたので気をつけなければいけません。

動画削除を免れられる

動画視聴

youtubeは自動で不適切なものをチェックしているため、人の目に触れなくても、bgmの著作権問題で動画が削除されることがあります。そうなってしまうと、動画作成にかけたお金がすべて無駄になってしまうので、損をしたくないのなら著作権のないbgmの利用をおすすめします。